不妊治療の費用を節約!病院かけもちで治療費を抑える方法

不妊治療の費用を節約したいなと
お考えではないですか?

実は、
病院の使い方、病院の協力があれば
不妊治療のコストを抑えることができるんです。

高額ですし、長期にわたることもある不妊治療なので、
できれば少しでも治療費を抑えたいですよね。

そこで私が行った不妊治療の費用を抑える方法を
3つお伝えします。

全てが誰にでもできる方法ではないのですが、
一つでもできれば、
数千円から数万円の費用を削減できますよ。

ただ、やる場合は、自己責任でお願いしますね。

 

家計の見直しについてはこちらの記事をご覧ください。
実際に家計を見直して、我が家は30万円以上の節約に成功しました!

あわせて読みたい

不妊治療費の支出が辛い! 家計を見直して節約しなきゃ! でも、どこから見直したらいいの? 減らせるところってあるの? ちまちました節約は苦手だしなぁ。。。 とお悩みではないですか? ゆりこ 不妊治療費の[…]

家計見直し節約術

不妊治療の費用を節約!病院のかけもちで不妊治療費を抑える方法

病院の掛け持ちで不妊治療費を抑える方法

私が実際やって治療費を抑えた方法は
下記の3つです。

病院の掛け持ちで、

  • 体外受精を行う場合の排卵誘発や検査を保険適用する
  • 難病指定医から難病の指定を受け、月の支払い上限までの費用で治療を受ける
    (保険適応の治療のみ)
    ※これは不妊治療の排卵誘発までのステップであれば病院をかけもちしなくても使えます。体外受精のステップでは掛け持ちが必要。
  • 交通費を削減

この3つをやるには、どれも病院の協力が必要です。

また、2つ目の難病指定を受けると、
今後医療保険などの保険に入りづらくなります。

なのでこの辺り、
しっかり考えて自己責任で進めてくださいね。

では一つずつ詳しくお伝えしていきます。

病院のかけ持ちで不妊治療と検査を保険適応で受ける

病院のかけ持ちで不妊治療と検査を保険適応で受ける

まずは病院の掛持ちをして、
体外受精前提の治療費と検査費を保険適応にする方法です。

排卵誘発がなぜ体外受精になると全額自己負担になるのか

不妊治療ってステップアップして
体外受精や顕微受精の治療になると、
自由診療になるので
国民健康保険が適応されず全額自己負担になるんですね。

ここまでは不妊治療をしている方なら
ご存知の方が多いはず。

一応、不妊治療のステップと
治療費についての表を載せておきますね。

治療内容 平均的な治療費 保険適応/助成金
ステップ1 タイミング法 3000〜2万円/周期 保険適応
ステップ2 排卵誘発 約2000円/回(1周期の中で何日か連日投与、卵胞チェックをするので結構費用がかさむ) 保険適応
ステップ3 人工授精(AIH) 約2万円/回(これにプラス、排卵誘発をしたり卵胞チェックなどの費用が発生) 保険適応外
ステップ4 体外受精(IVF) 30万〜50万円/回 保険適応外/申請することで助成金が出る
ステップ5 顕微受精(ICSI) 40万〜60万円/回 保険適応外/申請することで助成金が出る

で、この表をみると
ステップ2の排卵誘発に関しては、
保険適応になっているんですが

なんと

体外受精や顕微受精の目的で排卵誘発を行うと、
排卵誘発まで全額自己負担になってしまうんです。

えー!っと驚いてしまいますよね。
3割負担で治療できていたのに10割の全額負担です!

というのも、
排卵誘発も体外受精の治療に含まれるからなんです。

自然に排卵して、質の良い卵子が採卵できる方なら
排卵誘発は必要ないので良いのですが
排卵誘発をしないといけない人にとっては辛い出費です。

だってそれまでと同じ治療をするのに、
その治療ですら高額になるんですもの。

私は、不妊(体外受精)専門のクリニックで
「どうしてですか?!保険証使えないんですか?!」と
受付の人に問いただしてしまいました。

知らなかったので。。。お恥ずかしいです。。。

体外受精する病院と排卵誘発する病院を分ける

そこで、私がとったのは体外受精(採卵・移植)する病院と、
排卵誘発する病院を分けて治療するということ。

これは私が思いついたのではなく、
もともと通っていた婦人科の先生からの提案でした。

婦人科の先生から
体外受精専門の有名なクリニックを紹介してもらう時に
遠いので毎日通うのは厳しいだろうから
排卵誘発はここでやればいいと
おっしゃってくださったのです。

そして紹介状を持って体外受精専門クリニックに行き、
自分でも状況を説明することで、

体外受精専門のクリニックでは、
表向きは自然周期の体外受精ということで治療し、

婦人科では排卵誘発のみの治療をするという形で
2つの病院を掛け持ちし、治療していくことになりました。
(2つの病院の治療を合わせて、高刺激周期の体外受精ということ)

そうすることで、排卵誘発に関しては、
保険適応で受けることができたのです。

ただ、やはり全てが全て婦人科で排卵誘発することはできず、
体外受精専門クリニックで数日に1回は
卵胞チェックや排卵誘発の注射もしました。

これに関しては自費になり全額負担ですが、
かなりの量の排卵誘発剤を使わないといけなかった私にとっては、
少しでも排卵誘発の費用が抑えらるのは
とってもありがたかったです。

また、2つの病院の掛け持ちにより
数万円単位で費用を抑えることができました。

自然周期体外受精とは、
薬などで卵胞の刺激を行わず
自然な月経周期で育つ卵胞を取り出して、
受精させ体内に戻す方法です。
私は先生からの提案で、
2つの病院を掛け持ちし治療費を抑えることができましたが、
こんな方法があるとわかれば
自分から病院の先生に相談するのもありだと思います。

難病指定医から難病の指定を受け特定医療費(指定難病)受給者証で上限額までの支払いに

2つ目は、難病指定医から難病の指定を受け
特定医療費(指定難病)受給者証を受け取る。

そして、毎月支払い上限金額までの支払いで治療を受けるという方法です。

ただ、特定疾患(難病指定)を受けると、
医療保険などの保険に入りづらい、
保険料が割高になるというデメリットがあります。

また、ローンを組むことができない可能性もありますので、
その辺り注意してくださいね。

ただ、難病指定は受給者証を受け取らなくても、
病名が病院のカルテに書かれていれば同じことです。

保険に入る時やローンを組む時は、
自分の病気や通院状況など申告しないといけないのと、
もしそれを偽って申告した場合、
最悪の場合保険をかけてもお金を受け取れないのでご注意ください。

 

病気(原因)を知って特定医療費(指定難病)の受給者証を受け取り、
医療費の自己負担が2割になったお話▼

あわせて読みたい

あなたは、不妊の原因知っていますか? 治療の内容は聞いてるけれど。。。と、 具体的な病名や原因を知らない場合もあります。 不妊の原因はわからないことも多いと聞きますが、 検査の数値が悪いや、原因になってそうなものがわかれば、[…]

妊活の治療費を節約できるかも

不妊治療に関わる費用を削る!病院の掛け持ちで交通費削減する方法

病院のかけもちで交通費削減する方法

病院のかけもちで交通費削減する方法。

高度不妊治療の専門クリニックは
そんなに多くないので、
基本的に距離が遠いと思います。

中には県をまたいで行ったり、
新幹線や飛行機で移動するくらいの距離から
受診する人もいらっしゃいます。

そんな距離、毎日通うのは無理ですよね。

その場合、病院と相談することで、
地元の病院で注射や卵胞チェックを
受けることができるクリックが多いです。

私は県はまたぎませんでしたが、
不妊専門クリニックまで約2時間の距離でした。

通えない距離ではありませんが、仕事もありましたので
地元の婦人科と連携をとってもらい
排卵誘発の注射や卵胞チェックに地元の婦人科に通っていました。

こうすることで、交通費を浮かせることができました。

多い時は毎日のように通う病院ですので
交通費もバカにならないですよね。

 

病院の掛けもち。セカンドオピニオンを持つことで浮かせるお金

病院の掛け持ち。セカンドオピニオンを持つことで浮かせるお金

実際に私がした不妊治療費、交通費の削減方法をお伝えしました。

病院の掛け持ちをすることで、
減らせる費用があるのです。

(▲のリンクをクリックすると見出しへジャンプします)

できそうなものがあれば、
一度病院で相談をしてみてくださいね。

ゆりこ
減らせる費用は減らしていきましょう。
▼高額な不妊治療費を軽減させる方法をこちらでもご紹介しています。
関連記事

高額な不妊治療費、みんなどうしてるの? 赤ちゃんは欲しいけど 日々の生活もあるから不妊治療費にあてれるお金が少なくて。。。と 悩んでいませんか? その気持ち、とってもよくわかります。 私も長きにわたり妊活・不妊治療をし[…]

不妊治療費どうしてる?
不妊治療費用の節約病院のかけもちで不妊治療費を抑える方法
最新情報をチェックしよう!
>自分らしく生きるための働き方を考えてみませんか

自分らしく生きるための働き方を考えてみませんか

ふわふわしてる夢をカタチにして、自分らしく生きるための働き方を考えていきましょう。 ただいまメールマガジン準備中

CTR IMG